遭遇戦における「先手必勝」山崎の合戦

戦場の大きさや戦闘部隊の大小に関係なく、一つの戦場にはその戦闘の勝敗を決定してしまうような大切な地形(=要点)が存在します。

秀吉軍が光秀軍に一歩先んじて天王山山頂を占領

天正10(1582)年6月2日、明智光秀は本能寺において織田信長を討ちました。
当時、毛利氏討伐の為備中(現・岡山県西部)にいた羽柴秀吉は3日夜これを知るや、即座に光秀討伐を決心し、
6日午後には備中高松城の囲みを解いて京都に向かい前進し、7日間に180kmを機動しました。

これに呼応して池田信輝(恒興)等織田家旧臣2万6千兵力が秀吉の下に馳せ参じました。

秀吉の電光石火の行動から、光秀側に就くであろうと思われた諸侯の中にも態度を明らかにしないものが出てきたため、
光秀が率いた兵力は1万6千に過ぎませんでした。

12日光秀の軍勢は山崎隘路東北方の平地部に進出し、本陣を御坊塚に置き、兵を円明寺川の線に進めるとともに、
天王山及び山崎に物見隊(敵情を探る部隊)を配置しました。

同日、秀吉は富田にあって全軍の集結を待ちつつ高山・中川勢を先遣隊(本隊より先に派遣する部隊)として出発させました。
量先遣隊は夕刻山崎付近に進出すると、光秀軍の物見隊を駆逐して高山勢が山崎を、中川勢が天王山を占領して主力の到着を待ちました。

秀吉、光秀の作戦構想と天王山

光秀の作戦構想は「近きには近く、遠きには遠く」の原則で秀吉軍の攻撃方向に応じて包囲又は翼側突破して撃破せんとするものでした。
これに対して秀吉はただ光秀本陣を求めて突進あるのみでした。
光秀軍を隘路に引き込んで包囲殲滅するといったような巧妙な戦術はまったく考えておらず、
その必要も感じていませんでした。

秀吉は「天王山はすでに手中にあり、あとは光秀さえ討てば決着が付く」と考えていたと思います。

西国街道の北側にそびえる天王山は、この地域一帯を見渡すことができる重要な地形であり、
桂川流域や山崎の隘路を制する「要点」であります。

光秀は物見隊を駆逐されながらも、直ちにこの要点を奪回しようとする動きには出なかったのです。

光秀軍の動きには天王山上からかん制

6月13日は朝から雨でした。
光秀は天王山東北麓に松田勢、西国街道正面に藤田勢、その南の久我畷に至る道路正面に斎藤・阿閉勢らを配置するとともに、
本隊を5千をよびとして御坊塚に拘置した。

午後4時近くになり池田恒興勢を先頭に秀吉軍主力が戦場に到着しました。
秀吉軍は山崎隘路の通過に引き続き池田・加藤・木村・中村勢らが淀川沿いに、堀勢らが先遣隊の高山勢に先導されながら久我畷に至る道路をそれぞれ突進していきました。

秀吉軍主力の攻撃方向を南正面と判断した光秀軍では、斎藤・阿閉勢がこれを迎え撃つべく円明寺川を越えて突進するとともに、
松田勢が包囲のための前進を開始しました。

しかし、こうした光秀軍の動きを天王山山頂からすべて見ていた中川勢は、松田勢の動きを押さえ込むために北東方向へと駆け下り、4時半頃には天王山の北東部において、両軍勢の局地的な遭遇戦となりました。

この頃、円明寺川沿いの平地部では堀・高山勢らと斎藤・阿閉勢が正面から激突、
これを池田勢らが南側面から攻撃したため、斎藤勢は崩れつつありました。

そのため、光秀軍では村上・津田勢と藤田勢が、斎藤・阿閉勢に加勢すべく前進します。
一方池田勢らに続行していた秀吉軍の中村勢は抜け駆けを狙ったのであろうか、この円明寺川での戦闘に加わることなく、光秀本陣を求めて前進を続行しました。

要点の獲得と戦力の集中

光秀は、松田勢が天王山東北麓で大量の鉄砲を有する敵(中川勢)と遭遇し、激戦になった事を聞き愕然とします。
昨日の夕刻に物見隊が駆逐された時点では、すでに視界も制限されており、秀吉軍がこの要点に松田勢に倍する兵力を配置していたとは思いもよらなかったのです。

秀吉は天王山の地形的な価値をよく理解しており、機先を制して光秀軍に優る人と鉄砲の兵力を、この狭い山頂に集中していたのでした。

光秀の遅疑逡巡が唯一の戦機を逸した

西国街道正面を抑えていた藤田勢が阿閉勢らに加勢するためになんかしたにもかかわらず、
光秀が本隊の一部でここに手を打っていなかったことは大きな失敗でした。

秀長勢ら8千は西国街道上を突進し、午後5時頃先頭の黒田勢が円明寺川に進出して難なく円明寺川を通過すると、
午後6時事には堀勢らと激戦中の藤田勢とその後方に退避した阿閉勢の側面を攻撃しました。

光秀軍が戦勢を挽回する唯一のチャンスは、このとき本隊主力で黒田・秀長勢の側面を攻撃する事でした。
しかし光秀は本体を動かしませんでした。

天王山北東側で圧迫されつつある松田勢を増援すべきかどうか迷っていたのです。
実はこの時、松田勢は既に数百人の損害を受けて潰走に移りつつありました。

平地部では両軍主力が猛烈に戦っていましたが、わずか1千の中村勢がついに斎藤・阿閉勢後方の橋梁付近に進出するや、
これを発見した斎藤勢に動揺が起こり、潰走を始めました。

こうして光秀軍の戦機は完全に失われ、この戦いは秀吉軍の完全な勝利に帰したのでした。

無形戦力の差が勝敗を分けた

遭遇戦の状況は常に浮動し、変転し続けるものです。
こうした場合にこそ機先を制することが重要であり、ひとたび敵の機先を制すれば、
その後も敵を制することが重要であります。

ひとたび敵の機先を制すれば、その後も敵を追随させることができます。
その為にも、作戦は複雑巧妙を避けて簡潔明瞭なものが良いのです。

初めから人心が統一しておらず、士気が奮わない光秀軍に対して、
秀吉軍は「逆臣討伐」という大義名分によって、総大将から第一線の兵まで心が一つにまとまっていました。

したがって士気も旺盛であり、行軍力も非常に発揮され、天王山を敵に先んじて占領することができるとともに、
優秀な兵力を敵に先んじて戦場に集めることができました。

いかなる良策も、士気が旺盛でなければ、その効果を発揮し得ないという事を深く感銘すべきだと思います。