FXテクニカル分析

FX(オシレーター)RSIの見方とトレード手法について

FX(オシレーター)RSIの見方について

RSI(Relative Strength Index)はオシレーター系指標のテクニカル分析の一つです。
一定期間において買われ過ぎ、売られ過ぎを示す指標として知られています。

RSIの見方は、70%~80%以上で買われすぎ20%~30%以下で売られすぎを示しています。
以下のチャートは、赤塗の領域では70以上で買われすぎ、青塗の領域では30%以下で売られすぎを表しています。


また、チャート内の矢印のように、売られ過ぎたら上昇トレンドへと転換買われ過ぎたら下落トレンドへと転換する傾向があるので、売りエントリー、買いエントリーの判断基準の一つとして考えますが、このRSI単体だけで判断するのは危険です。
なぜなら、上記チャートの①、②のように
「あっ、RSIが70%以上を過ぎた!下落トレンドに変換かな?」なんて考えると非常に危険なのです。

RSIが下から70%を超えたという事は、強い上昇トレンドが発生したという意味です。
そのまま70%以上に張り付いて、上記チャートパターンのように上昇トレンドが続くことがよくあります。
これは下落トレンドの場合も同じです。

FX(オシレーター)RSIを使ったトレンド判断はダイバージェンス!

では、RSIはどのように使えばいいのでしょか?
ダイバージェンス」です。
これは、RSIに限らず、オシレーター系のテクニカル分析に共通していることで、非常に重要なトレンド転換のシグナルです。

「ダイバージェンス」の意味としては、為替レートとRSIが逆行する現象のことを言います。

例えば下記のチャートは、為替レートは上昇していますが、RSIは高値を切り下げて下落しています。レートとRSIがそれぞれ反対の方向に動いています。

このように、レートが上昇しているにも関わらず、RSIが下落トレンドであるということは、上昇トレンドの勢いが弱まっているシグナルです。
近々トレンド転換が発生するかもしれないというサインなのです。

これは、下落トレンドの場合も全く同様の考えです。
為替レートが下がっているにも関わらず、RSIの安値が切り上がっている場合には、下落トレンドの勢いが弱まっている証拠であり、近々トレンド転換が近づいていることのサインなのです。

くれぐれも、「RSIが70以上になったら買われ過ぎだから売り、30以下になったら売られ過ぎだから買い」というような発想をせずに、ダイバージェンスを確認してから判断してください。

FX(オシレーター)RSIの使い方!まとめ

RSIは単純に「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すオシレーター系のインディケーターです。
為替レートを併用しながら、注目するところは「タイバージェンス」です。

これはテクニカル分析全体にも言えることですが、それら単体で使うよりも、オシレーター系であれば他のトレンド系と一緒に使用する事を推奨します。
なぜなら、判断するフィルターの数が多ければ多いほど、より精密で確立の高いサインを判断することができます。

この記事のご意見はこちらからどうぞ