FXテクニカル分析

FX平行レンジからのブレイクアウトは高勝率ポイント!

まずFX初心者が利益を確実に得たいと思うなら、
レンジブレイクアウトの形を覚えておきましょう。
非常に分かりやすく、高確率で予想が可能なチャートパターンなのです。

是非とも覚えてください。

FXレンジブレイクアウト手法とは

平行レンジの形はわかりますよね?
いわゆる横ばいの状態の事を指します。
つまりトレンドが発生していない状態です。
上にも下にも行かず横に平行移動している状態です。
全チャートの7割がこのレンジと言われるパターンなのです。

基本的にこの状態でのエントリーは危険です。
初心者の内は避けて通ってください。

ただし、このレンジからどちらかにトレンド方向が決まり
その方向へと値動きが移動した場合、エントリーをしてください

FXトレードにおけるレンジブレイクアウト手法とは、以下のようなものです。

トレンドの横ばいが続き、
どちらかに抜けた状態です。

上に抜けたら買いエントリー
下に抜けたら売りエントリー

このような手法をレンジブレイクアウト手法と言います。

ブレイクアウトの定義は上記図のように
サポートライン・レジスタンスラインを抜けた時です。

FXレンジブレイクアウトのエントリーポイント

それでは次に気になるエントリーポイントです。
レンジからサポートライン・レジスタンスラインを
抜けた瞬間はエントリーしてはいけません。
下図のように、抜けた瞬間のポイントでエントリーは厳禁です。

レンジからブレイクアウトした瞬間でのエントリーは危険です。
なぜならブレイクアウトした直後だと、値はあまり伸びないパターンが多いからです。

ブレイクアウトが発生したとき、多くのトレーダーは「ダマシではないのか??」と疑います。
理由は「相場の7割はレンジ」と言われるぐらいなので、どうしても用心深くなってしまいます。
まずは様子を見るトレーダーが多いので値はあまり伸びないのです。
なので、この時点でエントリーをすると、戻しに巻き込まれあえなく損切になってしまいます。

レンジブレイクアウトのエントリーは2回目の伸びを狙え!

ではいったい、どこでエントリーするべきなのか?
一番安全なのは、2回目の伸びです!!

下記の図のとおり、1回目のブレイクの戻りを待ち、
多くのトレーダーが再度意識したとき、
つまり、戻ってきたのを確認して、水平線で反発し
再度ブレイク(下降)した方向に売りで入ることができたら
勝率はかなり上がります。

ブレイクアウトは、水平線で反発するポイントが一気に伸びていくパターンが多いです。
なぜなら下落トレンドが確定し、多くのトレーダーが安心して売るからです。

これが僕の鉄板パターンです。
水平線を基準に損切ラインを数pipsのところに決めます。

ちなみに、全てがうまくいくとは限らず、
下記の図のような値動きになる時も多々ありますが、
基本的にはエントリーするタイミングは同じです。
損切になった場合の時のダメージは少し大きくなりますので、
初心者の方は避けた方が良いかもしれませんが、
利益が期待できると判断したときは迷わずエントリーしても構いません。

FXレンジブレイクアウトの避けるべきエントリーポイント

ここまで紹介してきてレンジブレイクアウト手法についてご理解いただけたでしょうか?
非常に簡単ですよね。
そして高確率で稼ぐことができる初心者向けのチャートパターンです。
しかしながら次に掲げるレンジブレイクは避けるべきレンジブレイクパターンなので
よく頭に叩き込んでください。

レンジの長さが短い
レンジ幅が大きい
値動きに勢いがない
値がそろってない
値が片寄ってない

それでは詳しく説明します。

避けるべきレンジブレイクアウト!「レンジの長さが短い」

下図の通り、レンジの長さが短いと、レンジブレイクしてもあまり伸びません。
つまり、エネルギーが十分に蓄えられない内にブレイクしても中途半端なブレイクアウトになります。
利益が少ないのにあえてエントリーする必要はないという考えです。

避けるべきレンジブレイクアウト!「レンジの幅が大きい」

下図の通り、レンジの幅が極端に大きい場合、レンジブレイクしたとしてもあまり伸びません。
「レンジの長さが短い」で説明したように、相場のエネルギーが十分に溜まらず、ブレイクアウトしても同じように中途半端になってしまいます。

判断基準としては、「当日の値幅」を見るのが有効的です。
エントリーしようとしている通貨ペアが、すでに1日の平均値幅の半分以上も動いている場合は見送った方が良いでしょう。

避けるべきレンジブレイクアウト!「値動きに勢いがない」

下図の通り、レンジブレイク直前までは順調でも、水平線を抜ける際、一気に抜けない場合は、今後の値はあまり伸びません。

おそらく、トレーダーがレンジブレイクに抵抗していると予想できます。
こういった場合、再びレンジ内へ戻されるということが起こります。

この勢いを見るのに最も良い方法は、「ローソク足の形」を見ることです。
下図の通り、水平線を大きく抜けるような形になれば信頼度も高いです。
逆にヒゲだけや頭だけ抜けた形は信頼度が低いのでこの場合は抜けたと判断するには時期尚早かもしれませんね。

避けるべきレンジブレイクアウト!「値がそろってない」

下図の通り、レンジの高値や安値がそろっていない場合、値はあまり伸びません。
これも同じような考えで、エネルギーが分散しブレイクアウトしても中途半端に終わってしまいます。
また、レンジと判断していても、赤点線のように斜めに入って少しながらトレンドが発生している場合があります。なので矢印のところでエントリーしたところではね返される可能性は十分あります。

避けるべきレンジブレイクアウト!「値が片寄っていない」

下図の通り、値が上や下に片寄っている場合、値はあまり伸びません。
もうご存知の通り、エネルギーが溜まらないのですよね。

厳密にいうと、いわばレンジの中に、さらにレンジができているような状況なのです。

分かりますでしょうか?
矢印部分で、すでに小さなレンジブレイクが起こっていることになります。

つまり、レンジで溜まったエネルギーはこの矢印の部分で使われてしまうんです。
なので、大きくブレイクするだけの力が残っていないのです。

このようなレンジパターンは判断に難しいのでエントリーすべきではありません。

まとめ

レンジブレイクアウトは非常に分かりやすく稼ぎやすいのですが、ブレイクアウトしてから反発ポイントに至るまでに様々なダマシが存在します。
それらを見極めてブレイクアウトしてからの戻ってからの反発ポイントを探し出してエントリーしてください。
焦らず冷静に判断すると確実に勝率を上げる事ができます。

この記事のご意見はこちらからどうぞ