FX戦術編(テクニカル・ロジック)

FX水平線(サポートライン・レジスタンスライン)を引いてエントリーするトレード手法

よく水平線という言葉を耳にしますが、同じ意味でサポートライン・レジスタンスラインを用いたテクニカル分析の手法と呼ばれることが多いです。
初心者の方でもすんなりと頭に入るぐらい、シンプル且つ効果的な手法です。
僕もサポートライン・レジスタンスラインをよく用いてトレードしています。

FX水平線(サポートライン・レジスタンスライン)トレードの概要

水平線を引いても、意味を把握していないとはっきり言って時間の無駄になります。
なので、水平線を引く理由と水平線を引くことによって判断できる内容等を紹介したいと思います。

レジスタンスラインとサポートライン

「水平線」とは、ローソク足の安値同士、または高値同士を結ぶように直線を引きます
この際、水平に引いた線のことを「水平線」といいます。

そして、チャートの安値と安値を結んだ線がサポートラインです。
相場の下値を支えているボーダーラインになります。

また、チャートの高値と高値を結んだ線がレジスタンスラインです。
こちらは相場の上値を抑えるボーダーラインになります。

サポートラインとレジスタンスラインは、トレンドを支えるボーダーラインと考えられます。

トレーダーはこのボーダーラインを意識して取引しているので、
レートがボーダーラインに近づくと反発し、相場は元に戻ろうとします。

しかし、レートがボーダーラインを超えると、相場は反転し逆方向に大きく動くことがあります。

つまり相場のサポートライン・レジスタンスラインを意識することで、今後の相場の動きや、トレンドの転換点を予測することが可能になります。

サポートラインとレジスタンスラインのブレイク転換

多くのトレーダーたちは相場の高値・安値を意識して取引を行っています。

そのため、レートの上下によりサポートライン・レジスタンスラインに近づくと、多くのトレーダーたちは、買い・売り注文を入れるので相場が反発します。
反発するとまたもと買い・売りを注文するので戻るわけです。

このように、サポートライン・レジスタンスラインをブレイクしないうちは、それぞれに沿って相場は上昇・下落していますのでトレンドは継続すると予想できます。

また、反発の回数が多いほど、エネルギーが溜まりトレンドの勢いも強くなります。

そして、レートがサポートライン・レジスタンスラインを超えた場合はトレンドの流れが変わる可能性があります。

このように、サポートライン・レジスタンスラインがブレイクされると、今後はその機能が逆転します。

例えば、下図の「上昇トレンド」の場合、一度レジスタンスラインがブレイクされると、今後はそのレジスタンスラインがサポートラインとしての役割を持つようになり、レートの下落を支える機能を持ちます。

また、「下落トレンド」の場合、一度サポートラインをブレイクすると、サポートラインがレジスタンスラインとして役割を持ち、レートの上値を抑える機能を持ちます。

FX水平線(サポートライン・レジスタンスライン)の引き方

前述したとおり、サポートライン・レジスタンスラインも同様に、そのライン上で何度もトレードが反転しているとうことであれば、ブレイクしたときのトレンドは強くなりやすいのが特徴です。

下図のチャートはレンジ相場に対して、サポートラインを引いています。
図の黒丸のとおりライン近くでレートが反転しているのがおわかりでしょうか?
そのライン付近で買いを入れているトレーダーが多くいることを示しています。

また、ラインを突き破ること「ブレイクアウト」と呼んでいます。
このとき、ダマシの可能性も考えられるので、ブレイクアウトしてすぐにはエントリーせずに、第1波をやり過ごし、第2波からエントリーするようにしてください。
具体的には次から説明します。

FX水平線(サポートライン・レジスタンスライン)の戦い方

基本的な戦い方としては、前述したとおり、ブレイクアウトしてからのダマシをやり過ごしてからの、サポートライン・レジスタンスラインを反発してからのエントリーとなります。

下図のとおり、サポートラインのブレイクを確認してエントリーとなります。

ブイクした後に、すぐに反発しダマしとなる可能性もあります。
上記図の場合はブレイク後の最初の第1の波は見過ごすのが無難かと思います。
どうしてもエントリーしたい方は、ロット数を少なくしてエントリーし、資金管理をきっちりしてれば問題ないと思います。

そのまま急落すれば利益も得られますし、予想に反してダマしになった場合でも損切のレベルをエントリー価格より少し上に設置しておけば損失額も最小限に抑えられます。

さらに追撃として、サポートラインがレジスタンスライン(レジスタンスラインがサポートライン)に変換するときが狙い目です。

レンジブレイク後の押し目、戻りを積極的に狙ってください。

また、水平線はトレンドラインと合わせることで勝率をアップできます!
特に下図のようにサポートライン・レジスタンスラインの変換してからの第3波は有効的です。

FX水平線(サポートライン・レジスタンスライン)のまとめ

以上が水平線の引き方と、実際のトレードの手法となります。
もちろん、相場の世界に正解という言葉はなく、どの水平線が正しいとか、そんなものはありません。

しかし、チャートを細かく見ると、必ずと言っていいほど、意識されている水平線というものは存在し、そのラインの前後ではたくさんのトレーダーの思惑が働いているのです。

最初はこの線でいいのかと不安に思うかもしれませんが、線をだんだんと引いている次第に分かるようになっていきます。一歩ずつ前進していきましょう。

この記事のご意見はこちらからどうぞ