テクニカル分析

FX負けない心理学!プロスペクト理論で勝ちトレーダに!

こんなことを考えたことありますか?
なぜFXで勝てないのか?なぜ自分がエントリーした瞬間に逆の方向に値が動くのか?

もしかすると、その問題の答えは「プロスペクト理論」が影響しているかもしれません。

プロスペクト理論とは、心理学者であり行動経済学者のダニエル・カーネマン氏と心理学者のエイモス・トベルスキー氏によって1979年に提唱されました。

プロスペクトは「期待・予想・見通し」といった意味があり、
プロスペクト理論とは、簡単に言うと「人は得をするよりも、損をしたくない思いの方が強い」という理論です。

日常でも結構ありますよね。
大きな得をするよりも、小さな損を回避するという行動は・・・

ダニエル・カーネマン氏は、このプロスペクト理論で、2002年にノーベル経済学賞を受賞しています。

今回は、そのプロスペクト理論について掘り下げ、多くのトレーダーが陥る「トレードのワナ」から脱出する方法を解説します。

FX負けない心理学!プロスペクト理論の実験例

プロスペクト理論の説明としてとても有名な「コインの問題」がありますので紹介します。

ゲーム内容は
コインのゲームに参加すると、あなたは大金を手に入れられるか、もしくは手持ちの資金を失います。

表が出る:100万円もらえる
裏が出る:50万円を失う

コインを投げて表と裏が出る確率はもちろん50%です。
確率が50%なので上記のゲームがあなたにとって有利なルールで作られていることは明白です。

しかし、あなたにはコインのゲームに参加しないという選択肢もあります。

ゲームに参加しない場合、ノーリスクで20万円を手に入れることができます。

さて、あなたはゲームに参加して
100万円GET or 50万円を失う」又は「20万円を確実に手に入れる

どちらを選びますか?

これがプロスペクト理論における「コインの問題」です。

あなたならどうします?

おそらく「当然、ノーリスクで20万円だろ!!」
と迷わず即答だと思いまうす。

この問題では、多くの人が「確実な20万円」を選択するというのがプロスペクト理論です。

何が言いたいかというと、
「確実な20万円」をもらうよりも、ゲームに参加して「100万円GET or 50万円を失う」方がお得なのです。

プロスペクト理論では、多くの人はローリスク・ローリターンを好む「リスク回避的な生き物」であることが証明されています。

それではなぜ、「100万円GET or 50万円を失う」方がお得なのかを考えてみましょう。

プロスペクト理論!「コインの問題」の答え

このコインの問題は「期待値」を計算することでどちらが得か計算できます。
※期待値とは、手に入る見込みの金額を平均値で表したものです。

■100万円GET or 50万円を失う
(100 × 0.5)+(-50 × 0.5) = 期待値は25

■確実に20万円を手に入れる
(20 × 1.0)+(0 × 0) = 期待値は20

つまり、このケースでは不確実性のある
「コインのゲーム(いわばギャンブル)」に参加した方が期待値は大きい。

しかし、人間は直感的にリスクが小さく確実な方(でも期待値は小さく実は損な方)を選んでしまう傾向にあります。

なんとなく実感できた方もいるかもしれませんし、
ピンとこなかった方もいるかもしれません。

期待値って何やねん!20万もらったほうがお得なのは明白やろ!
という意見もあります。

これについては、リスクを取るのが好きなギャンブラー的発想が必要かもしれませんね。
上記のコインゲームでは「100万円GET or 50万円を失う」という選択肢のほうがワクワクドキドキ感があるし、100万円もらえたらという期待感も膨れ上がります。

では、次の問題はどうでしょうか?

プロスペクト理論!人は損すると取り返したくなる

プロスペクト理論を一言で言うと「人は損するのが嫌い」となりますが、
これは「人は損すると取り返したくなる」と言い換えることもできます。

次の問題を考える前に少し前提を入れますね。
あなたは先ほどのゲームに参加することを決断しました。
しかしながら、結果コインの裏を引き当てて50万円の損失を被ってしまいました。(現時点で50万円のマイナス)

その直後、ゲームの主催者から「敗者復活戦」の提案を受けました。
その内容は、

1~10のトランプカードから1~3を引けば100万円もらえるというものです。

1~3が出る:100万円を得られる(出現率30%)
4~10が出る:30万円を失う(出現率70%)
しかし、「1又は2(当選)」の出現率は30%となっており、あなたは70%の確率で30万円の追加損失を被ります。

もし、当たり(確率は30%)を引き当てれば100万円がもらえるので、50万円の損失を取り戻して一気に50万円のプラスに持っていくことができます。

一方で、主催者はあなたにもう一つの選択肢を用意してきました。

敗者復活戦に参加しないなら10万円は返金しても良いという提案です。
敗者復活戦に参加しない場合は、あなたは10万円を受け取り、確実に40万円の損失で確定できます。

「100万円GET or 30万円の損失」
(勝てばトータル50万円の儲け、負ければトータル80万円の損)
または
「確実な10万円の儲け」
(トータルで確実な40万円の損)

先ほどのプロスペクト理論によれば、人間はリスク回避を選択するので、
当然、「確実な10万円の儲け」を取ります。

しかし、「現時点で50万円の損失を負っている」という状況の前提条件が付いていると、
多くの人はつい「一発逆転」を狙って期待値の低いギャンブルに参加してしまうのです。

恐ろしいですよね。
破滅していく人やFXで勝てない人はこういう心理状態なのですね。

プロスペクト理論!負けている時の心理状態

さらに、人は下記のような心理状態に陥りやすいと言われています。

50万円損している状態で10万円の返金を受けても、10万円が小さなものに感じられ魅力的に思えない。

通常は、「10万円の返金」は「確実な10万円の利益」と同じです。
しかし、すでに50万円を損している状態では、金銭感覚が麻痺しているのです。

これもこれで恐ろしいですね。

 

ではどうしたら良いのでしょうか?

すでに50万円の損をしている状態で、

100万円GET or 30万円の損失(勝てばトータル50万円の儲け、負ければトータル80万円の損)

確実な10万円の儲け(トータルで確実な40万円の損)

先程の前提条件がついた状態であれば、どちらを取るかと問われると、多くの人はギャンブルに参加することを選択してしまいます。

しかし、期待値を計算してみると、合理的な判断がどちらなのか一目瞭然です。

■100万円GET or 30万円を失う
(100 × 0.30)+(-30 × 0.70) = 期待値は9

■確実に10万円を返金してもらえる
(10 × 1.0)+(0 × 0) = 期待値は10

つまり、このケースではゲームに参加せず、確実に10万円を返金してもらう方が期待値は大きいのです。

しかし、これはこのゲーム単体でみた場合であって、前回のゲームで50万円の損をしているという前提が付くと、(損を取り返したい欲求から)人間は期待値の低いギャンブルに参加してしまいます。

このことからプロスペクト理論は、人間のリスク回避度合いは状況によって変化するということを明らかにしています。

「損失」被る場面では、人間はリスクを負ってでも損失を最大限に回避する傾向があることが分かります。

人は一度借金をしたり、損をしたりすると、さらなる損失に対する感応度が鈍くなり、高いリスクをとるようになってしまうというわけです。

FXで勝つためにはプロスペクト理論は必要不可欠!?

続いてFXの負ける心理をプロスペクト理論から考察してみました。

FXでトレードした時の心理状態をプロスペクト理論は、上記のチャートで説明できます。

このグラフの縦軸は感じる損得の大きさになります。
心理的にうれしいと感じたり辛いと感じたりする度合いです。
横軸が利益と損失を表しています。

FXの基本は、利益を伸ばして損切りを素早く行う「損小利大」ですが、
多くのトレーダーはすぐに利益確定を行い、一方で損切りができずに放置する「利小損大」のトレードを行っているのが現実です。

これが、多くのトレーダーがFXで失敗する理由です。

上記グラフを見ると、利益が大きくなるほど嬉しさがアップします。

しかし、利益が一定の水準に達すると、嬉しさの伸びが小さくなり、その後はどれだけ利益が膨らんでも嬉しさはアップしないという事を表しています。

この図から読み取れることは、利益がある程度出ると、嬉しさのあまりすぐに利益確定をしてしまうのです。
しかし、FXには「トレンド」があるので、本来は利益が上がる値ほど、より大きな利益へと続くものです。

しかし、人には「得ることよりも失うことに対する恐怖がある」こともプロスペクト理論で証明されていますから、利益が拡大し続けていても、
「ここまで利益が取れたから上がった分、そろそろ下がるのではないか?」
という恐怖にかられ、手放してしまいます。

FXトレーダーは失う怖さに耐えられない


僕の失敗談なのですが、
買いポジションでエントリーした後、値上がりし含み益が25万円にまで上がりました。
まだ上がるのでは?という期待から少し待ったところ、
やや下がってきて含み益が20万円になりました。
この時の僕は、利益確定が出来なくなりました。

これは前述したとおり、一度経験した「25万円の含み益」が失われて20万円の含み益になってしまったことで、再び含み益が25万円になることを期待してしまうという心理です。

しかし、そのまま値は既にピークアウトして値下がり始めているわけですから、一刻も早く手放すのが合理的な行動です。

実際の僕は、25万円の含み益が20万円になってしまったのが悔しく、再び戻るのを期待し、保有し続けた結果、含み益を全部溶かしてしまう過ちを犯してしまいました。

これは、パチンコなどのギャンブルで出た玉がすべて「飲まれ」てしまった後に、(現状は1円も損していない状態なのに)一度出た玉を取り返したくて追加で資金を投入してしまうという現象と同じです。

一方で、損失の場合は最初に急激な「心理的な辛さ」がやってきます。(これもプロスペクト理論のチャートの通りです)

しかし、損失の金額が大きくなるほど心理的な痛みが減ってくるため、一定の金額を超えるとそれ以上はどれだけ損失拡大しても「どうでも良い」という状況になります。

いわゆる「塩漬け」の状態です。

これをプロスペクト理論では「感応度逓減性(かんのうどていげんせい)」といい、利益・損失の大小と心理的な嬉しさ・痛みは比例しないことを示しています。

この状態を一言でいうならば「金銭感覚の麻痺」です。
金額の大きさや時間の経過が金銭感覚の麻痺を起こします。

FX負けない心理学!プロスペクト理論のまとめ

プロスペクト理論とは、「人は得をするよりも、損をしたくない思いの方が強い」という行動経済学の理論です。
その比率は得をとした場合、損は2~2.5ともいわれています。

「損をしたくない」という気持ちは、「一度所持したものを失いたくない」という気持ちも生み出します。
人間はとにかく、「損したくない!失いたくない!」という気持ちが強いんです。

なので、利益獲得局面では確実性を選択する一方で、損失局面では危険追求をしてしまいます。
そのあたりを十分理解して、常に損小利大を追求するルールを作り出せばFXでは勝つ確率がぐんと上がります。

上記の行動を助長させる心理として、利益獲得による満足より、損失負担による悔しさの方が大きいというのもプロスペクト理論で証明されています。

そうならない為にも、前述したルールに併せて、1回1回のトレードで判断するのではなく、トータルで損益を判断するようにトレードノートを必ずつけていきましょう。

この記事のご意見はこちらからどうぞ