テクニカル分析

「ダブルトップ」と「ダブルボトム」

ダブルトップとダブルボトムの基本チャート

今回紹介するチャートパターンの「ダブルトップ」と「ダブルボトム」は
トレンド転換を表す代表的なチャートパターンなのでよく覚えておいてください

それぞれ、相場の天井や底に現れ、相場がこれから反転することを示すパターンです。
どちらも売買のシグナルになり、重要なチャートパターンなので初心者の方は必須事項で覚えたほうがよいです。
また、出現頻度も多いのでこのチャートパターを見極めることは勝率アップに繋がります。

※FXで安定して高い利益率を維持するためには、
長い時間足でダブルトップやダブルボトムなどの分かりやすいチャートパターンを確実に発見し、ロットを上げて勝負にでるという事を徹底することが秘訣です。

ダブルトップをわかりやすく説明しましょう!

ダブルトップは、上昇トレンドの天井付近で、チャートが2つの山を作った後に下落する売りシグナルです。

ダブルトップは上昇トレンド発生時にチャートが
M
の形に見えるチャートパターンを形成します。

この山は相場の天井圏に出現し、その後に安値ライン(ネックライン)を割り込んだときに完成し、売りポイントになります。

※相場が上昇してレジスタンスライン(抵抗線)でいちど跳ね返され、その後上値をトライしようと反発したところがネックラインになります。
しかしながら、売りの勢力が強く再度レジスタンスラインで跳ね返されて、上昇トレンドから下落トレンドへ反転する時に良く現れるチャートパターンです。

ダブルトップのエントリーポイント

レジスタンスラインで再び跳ね返されると、相場はネックラインを割れてさらに下落します。

ネックラインを割れると、相場はダブルトップで上昇した価格と同じくらい下落する傾向があります。

そのためダブルトップでは、ネックラインを割れたところが売りのエントリーポイントになります。

ダブルボトムをわかりやすく説明しましょう

ダブルボトムは下落トレンドの底付近で、チャートが2つの谷を作った後に上昇する買いシグナルです。

ダブルボトムは下落トレンド発生時にチャートが
W
の形に見えるチャートパターンを形成します。
この谷は相場の底値圏に出現します。

※相場が下落して、底値のサポートライン(支持線)で跳ね返され、再び下落しようと反発したところがネックラインになります。
サポートラインでさらに跳ね返されると、相場はネックラインを超えてさらに上昇します。
ダブルトップと同様に、ネックラインを超えた相場はダブルボトムの下げ幅と同じくらい上昇します。

ダブルボトムのエントリーポイント

ダブルボトムではネックラインを超えたところが買いのシグナルとなります。

1.価格が一度下落する。
2.その後少し上昇しまた前回の底値をつけた値段まで価格が下がる
3.「2」でネックラインを突き抜けて一気に上昇

ダブルボトムのエントリーポイントで大事な点は、

2の少し上昇したラインをネックラインと呼び、Wの形(ダブルボトムが)完成した後

そのネックラインを上回った所で買いのエントリーするのが一番ベストなエントリーポイントです。

ダブルトップ・ダブルボトムは相場反転の手がかり

ダブルトップ・ダブルボトムは、相場の反転の手掛かりとして注目される有名なチャートパターンです。

そもそもダブルトップ・ダブルボトムはどのようにして形成されるのでしょうか?

ダブルトップ

ダブルトップは上昇トレンド中に相場が反発し、その後再び高値を目指したものの再び反発して下落している様子を表しています。

相場が同じポイントで繰り返し反発していると、相場を見ている人たちの多くは「この値段を超えるのは難しいだろう」と予測します。

すると、上昇トレンドでそれまで買いにまわっていた人たちが、これ以上の上昇は難しいと判断して売りにまわり始めます。

売りにまわる人が増えることで、相場は反転して下降トレンドに変化します。

こうして形成されるチャートパターンがダブルトップなのです。

ダブルボトム

ダブルボトムも、ダブルトップの逆パターンで形成されます。

ダブルトップは下落トレンド中に相場が反発して、その後も再び安値を超えられずに反発している様子を表します。

下落トレンドで売っていた人たちが、相場が繰り返し反発したのを見て「これ以上下落しないだろう」と予測して買いにまわることで、結果的に相場が反転して上昇します。

まとめダブルトップ・ダブルボトムはFX初心者でも視覚的に理解しやすいチャートパターンです。

しかし、実際に動いている相場でダブルトップ・ダブルボトムを判断するのは最初は少し難しいかもしれません。

ダブルトップ・ダブルボトムを見つけるポイントは、トレンドの天井・底値付近で出現している点に注目してみることです。

FXではよく見られる基本のチャートパターンなので、必ず覚えておくようにしましょう。

この記事のご意見はこちらからどうぞ