ファンダメンタルズ分析

経済指標&今週のFX戦略(12/2~12/6)

経済指標(ファンダメンタルズ)とは

その国の経済状況を数字で表したものです。
トレーダーはこの経済指標を頼りに投資活動を行う人も少ないです。

経済指標は毎日発表されています。
その中には為替レートを変動させる経済指標もあれば、全く影響の無い経済指標もあります。

僕は下記リンクのページ「経済指標カレンダー 予想&速報」を見て、
いつも取引している通貨ペアの国で、指標が【星4つ以上】ある時間帯は基本的に取引を避けるようにしています。
初心者用に☂マークで記していますので、☂マークの時はトレードを控えて起きましょう。

経済指標カレンダー 予想&速報

また、経済指標が発表される時間帯は値動きが激しくなるので、
どちらかと言えば、初心者は巻き込まれないように、トレードを回避した方が賢明です。

ちなみに、僕が推奨している通貨で経済指標発表の主な時間帯は
オーストラリア・・10時30分
イギリス・・・・・17時から17時30分
ユーロ・・・・・・18時
アメリカ・・・・・22時30分(サマータイム時は21時30分)

分かりやすいように1週間の経済指標を天気予報でまとめてみました。
初心者のFXトレーダーさんは参考にしてください。
※言葉の提議
晴れ☀:問題なくトレードしても可!!
曇り☁:積極的なトレードは危険かも??
雨 ☂:トレード自体危険!!やめるべき!
予想→:レート変わらず
予想↑:レート上げ
予想↓:レート下げ

今週のFX経済指標 12/2(月)~12/6(金)

12/2(月)

全通貨 晴れ☀

12/3(火)

00:00 全通貨 雨☂ アメリカ・ISM製造業景気指数11月(予想↑)
12:30 豪ドル円・豪ドルドル 豪・中銀政策金利12月(予想↑)

12/4(水)

22:15 全通貨 曇り☁ アメリカ・ADP雇用者数11月(予想↓)

12/5(木)

00:00 全通貨 雨☂ アメリカ・ISM非製造業景気指数11月(予想↓)
22:30 全通貨 曇り☁ アメリカ・貿易収支10月(予想↓)

12/6(金)

00:00 全通貨 曇り☁ アメリカ・耐久財受注(確報値)10月(予想↓)
22:30 全通貨 雨☂ アメリカ・雇用統計11月(予想↑)

今週のFX戦略の方針

方針:ドル円噴き値売り!

(理由)
先週のドル円はトランプ大統領が香港人権擁護法案に署名したことで、米中関係が悪化するとの観測から、
少し下げる場面はありましたが、市場は米中関税問題に対して特に影響なく株高でありました。、
為替の方も109.66円まで値を上げました。

この結果から推測するに、やはりトランプ大統領の次期大統領選対策かと考えます。
当然、対中関係に圧力をかけにくいという憶測もあります。

ドル円などは、値動きが少なく、今の値段帯が居心地がいいのかもしれません。

今週は米ISM製造業・非製造業景況指数や米雇用統計もあります。
投資家はISMに注目しており、クリスマス休暇前で動いてくるのではないかと推測できます。

ドル円は、111円に埋まっていない日足の窓があります。
窓埋め狙いの買いが出る可能性がありますが、

僕の予想では、今週の上値は110.30円、下値は109円割れとみています。
目先は109円台後半から噴き値売りを狙って行こうと思っています。

この記事のご意見はこちらからどうぞ