ファンダメンタルズ分析

経済指標&今週のFX戦略(10/28~11/1)

経済指標(ファンダメンタルズ)とは

その国の経済状況を数字で表したものです。
トレーダーはこの経済指標を頼りに投資活動を行う人も少ないです。

経済指標は毎日発表されています。
その中には為替レートを変動させる経済指標もあれば、全く影響の無い経済指標もあります。

僕は下記リンクのページ「経済指標カレンダー 予想&速報」を見て、
いつも取引している通貨ペアの国で、指標が【星4つ以上】ある時間帯は基本的に取引を避けるようにしています。
初心者用に☂マークで記していますので、☂マークの時はトレードを控えて起きましょう。

経済指標カレンダー 予想&速報

また、経済指標が発表される時間帯は値動きが激しくなるので、
どちらかと言えば、初心者は巻き込まれないように、トレードを回避した方が賢明です。

ちなみに、僕が推奨している通貨で経済指標発表の主な時間帯は
オーストラリア・・10時30分
イギリス・・・・・17時から17時30分
ユーロ・・・・・・18時
アメリカ・・・・・22時30分(サマータイム時は21時30分)

下記のように確認できます。

上記の指標がわかりにくいという方は、

分かりやすいように1週間の経済指標を天気予報でまとめてみました。
初心者のFXトレーダーさんは参考にしてください。
※言葉の提議
晴れ☀:問題なくトレードしても可!!
曇り☁:積極的なトレードは危険かも??
雨☂ :トレード自体危険!!やめるべき!

【経済指標】10/28(月)~11/1(金)

10/28(月)

全期間 晴れ☀

10/29(火)

全期間 晴れ☀

10/30(水)

21:15 全通貨 雨☂ USADP雇用者数(予想↓)
21:30 全通貨 雨☂ USGDP速報値(予想↓)

10/31(木)

03:00 全通貨 雨☂ USFOMC(予想↓)
03:30 全通貨 雨☂ USFRB 議長会見(利下げ観測)
15:30 ドル円・クロス円 雨☂ JP日銀会合、黒田日銀総裁会見
全期間 ポンド円・ポンドドル 雨☂ GB英EU離脱期限
19:00 ユーロ円・ユーロドル 雨☂ EUGDP速報値(予想↓)
23:00 全通貨 曇り☁

11/1(金)

21:30 全通貨 雨☂ 🇺🇸雇用統計(予想↓)
23:00 全通貨 雨☂ 🇺🇸ISM製造業景気指数(予想↑)

今週のFX戦略の方針

方針:日経平均、CFDとも強気のロング!!

理由その1

今週は30日に10月のFOMCがありますが、
FEDウォッチでは、0.25%の利下げ確率を90%超です。
なので、ほぼ利下げ確実と思われることから、米株を支えると予想!

理由その2

25日㈮、米国と中国は通商協議は好感触で終了!
中国の劉鶴副首相が「トランプ大統領は、われわれは中国と非常にうまくやっている」と述べていたそうです。
また、米中が一部農産品規制に関して合意に達したと発表
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-26/PZYQYW6KLVR401

理由その3

日米で企業決算が本格化していますが、先週24日日本電産が
20年3月期を下方修正しても株価は下がるどころか大きく上昇しています。

日本株市場でも
東京エレクトロン(8035)やアドバンテスト(6857)
SCREENホールディングス(7735)、ディスコ(6146)など
半導体製造装置株が軒並み高です。
米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)も強く、高値更新中です。

日経平均との相関関係が強いグローバス製造業PMIが底入れしたようにみえ、下支え要因となっています。

理由その4

今まで低迷だった原油相場がレンジ下限で反発し上昇中です。
10~11月はガソリンの需要期から暖房油の需要期の境界線なので、毎年この時期は製油所の定期点検が行われます。
そのため、原油在庫が積み上がる傾向が強いため、原油は下がりやすい時期にありますが、
先週の米国の週間在庫統計の結果を見ると、予想に反して在庫が減少していました。
なので、石油の需要が上がってきました。
12月OPEC総会での追加減産期待も原油の下値を支えている要因となります。

理由その5

ブレグジット問題なのですが、
結局の所、英議会が何をやっているのか非常にわかりにくい状況ですが、要するに、ブレグジットの期限が延長されはしますが状況としては「合意なき離脱」リスクはほぼなくなったという認識です。

つまり、ポンドの弱気シナリオは消息しそうな雰囲気です。

以上のことから、株は強気で攻めるべきかなと考えます!!

その他のFX戦略

FOMC、日銀イベント辺りで、ドル円・クロス円ロング!

理由

先週のドル円の高値安値の幅はわずか52銭!
今はエネルギーを充電中かなと・・・

過去の事例から見ると、煮詰まったドル円は大きく動き出します。

また、日銀の金融政策もなにもなさそうです。
とのことから、押し目買い狙いがいいのでは考えています!

この記事のご意見はこちらからどうぞ