FX戦場編

FX初心者が気をつけるべき戦場「ペナントパターン」

FXにおいてレンジブレイクを攻略する事は
多く稼ぐためには必要不可欠な手法です。

当ブログで紹介している「フラッグパターン」は
比較的初心者でも攻略しやすいチャートなのですが、

今回ご紹介する「ペナントパターン」は
フラッグパターンと似たような形をしているため、見間違えがちです。

また、フラッグパターンと同様、絶好の戦場ですが、
やや注意が必要なので気を付ける点を紹介します。
※解説は全て上昇型のチャートパターンで解説しますが、下降型のチャートパターンも考え方は同じです。

FX初心者!やや注意チャート「ペナントパターン」

フラッグとの違いは、三角形のような形になっていることです。
この形から通常「ペナント」と呼ばれています。

下記の図のようなパターンです

ペナントの場合、フラッグと違い、
ブレイクアウトしたところでエントリーすると、
ダマシに遭遇する確率が高いので、

赤丸の位置のように一度戻しを待ってから
買いでエントリーした方がおすすめです。

ちなみに、そのまま下にいくと下落トレンドへと転換です。

エントリーするにあたり、
下記の2点について気を付けてください。

●フラッグ内のレンジ(ペナント)は、最低上限3点下限3点の基点がないとエントリーできません。
●エントリーする場合は、上位の時間足が上昇トレンド(下落トレンド)か確認しておいてください。

FX初心者必見!ペナントパターンの攻略法

前述したとおり、ペナントではダマシの確率が高いです。

特に多いパターンは下記の図のように、
上昇チャートパターン→ペナント→トレンド転換
という場合があります。

つまり、上昇トレンドのおける、ペナント形成の場合
買いでのエントリーの場合、下限で何度もサポートとして機能している時は
ペナント濃厚なので、ダマシ注意報を発令させ、
一回目の押し目を後にエントリーするというルールを決めれば良いと思います。

また、仮に下抜けた場合は頭の切り替えをして戻り売りすればいいです。

しかしながら、どちらとも判断つかないと判断したならば、
ペナントに絞って戦略立てした方がリスクは少ないと思います。

ペナントの実際のエントリー手法

実際に売買する前にどういう戦略やルールを持っておいたほうがいいのでしょうか?

まず、守っていただきたいルールとは以下の3点です。
① 順張りであること
② ブレイクした方向についていく
③ 一度目は見逃がし戻ってきたところでエントリー

この3つのルールはとても大事ですのです。

まとめ

ペナントは予測がしやすく利益がとりやすいチャートパターンの1つです。

しかし間違ったチャートの見方やベストな売買タイミングを逃して、
逆に損をしたり小さい利益で終わってしまって上手にトレードできない方が多いのも事実です。

前述したとおり、
トレンドに従っていることは重要な要素となります。

また、
右上がりのペナントは、上昇する可能性が高く
右下がりのペナントは、下落する可能性が高いです。

どっちに振れるか分からないので最後までよく観察が必要です。

この記事のご意見はこちらからどうぞ