FX初心者講座

【初心者向け】FX初心者が最初に学ぶ5ステップ

FX初心者入門!基礎中の基礎を学ぶ

FXとは?

外国為替証拠金取引を指す言葉で、Foreign exchange(外国為替)が由来となります。
そして、FXとは、外資を売買することで生じる為替差益を得る金融商品のことを言います。
と言われてもピンとこないと思いますよね。

それでは具体的にFXで行う取引とはどういったものなのでしょうか?
FXは、簡単に言うとお金の売買を世界中の通過で行える取引のことです。もっと簡単に言うと
2国間の通貨の為替レートの差額で利益を出す取引です。
「円を売って、ドルを買う」、「ドルを売って、ユーロを買う」といった感じで、海外旅行の前に空港や銀行で必ず現地通貨に両替しますよね?早い話が両替です。

なので、例えば行き先がアメリカだったら、円をドルに交換しますよね?これをFXに置き換えると「円を売ってドルを買う」という行為になります。

この時、1万円出して100USドルに交換できたとしたら、1万円÷100USドルで1ドルを100円で買った計算になります。この1ドル100円というのが為替レートと呼ばれるものになり、このレートは日々変動します。

FXはこの為替レートの値動きを予測しながら、お金の売買をし利益を出していく取引のことを言います。

実際、私はそのような感覚は全くなく、自分のお金を増やしたり、たまには減らしたりしているだけの事と考えています。

円高・円安について理解する

ニュースなどでよく耳にする「円高」と「円安」、当たり前すぎて素通りしてしまいそうですが、FXを行う上で、根本的に理解しておかなければいけない部分です。

円安・円高とは、外資に対しての円の価値を表す言葉で、円高とは、外資に対して円の価値が上がること、逆に外資に対して円の価値が下がることを円安と言います。日々変動する為替レートによって、円の価値も変わっていきます。

  • (例)昨日1ドル100円だったのが、今日になり1ドル110円になっていたとします。この場合、昨日は1ドルを100円で買えたのに、今日1ドルを買うためには110円必要になったことになります。つまり為替レートの変動により、ドルの価値が高くなったことになり、円の価値が安くなったことを意味します。よって円安ドル高と表すことができます。

100円が110円になったから円高と思ってしまう方もいるかもしてませんが、ドルを買うのに必要な円と考えると、分かりやすいと思います。

FXは、為替レートの変動により生じる為替差益を得る取引になります。

FXにおいて利益を出す方法を学ぶ

FXでは、利益を出す方法として、為替レートの変動で生じる差分で利益を得る「為替差益」と2種類の通貨を交換する時に生じる金利差で利益を得る「スワップポイント」の2つあります。

為替差益での利益の出し方

  1. 安い時に買って、高くなったら売る
  2. 高い時に売って、安くなったら買う

買いからでも売りからでも始められるのがFXの魅力とも言えます。(例)1ドル100円の時に円を売ってドルを買って、レートが動き1ドル120円(円安ドル高)になった時点でドルを売ったとします。そうすると、120円-100円=20円で、20円の利益が発生します。

(例)1ドル100円の時に円を売ってドルを買って、レートが動き1ドル120円(円安ドル高)になった時点でドルを売ったとします。そうすると、120円-100円=20円で、20円の利益が発生します。

逆に、1ドル120円の時にドルを売って、レートが動き1ドル100円(円高ドル安)になった時点でドルを買い戻すことで、その差額20円が利益になります。

買ってから売るだけではない柔軟性がFXの醍醐味でもあり、難しいところでもあります。読みが外れれば、当然損失の可能性も秘めていることも十分理解しておく必要があります。

スワップでの利益の出し方

低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うことで金利さに相当するスワップポイントが付与されます。

毎日付与されるポイントなので、長期間保有していればちょっとしたお小遣いになりそうです。ただ、リスクとしては、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買った場合、その金利差分を自分が支払うことになりますので注意しましょう。

FX醍醐味の一つレバレッジの魅力を学ぶ

FXでは、自分の口座に入れた証拠金を最大25倍の金額で取引することができ、それを可能とする仕組みをレバレッジと言います。

例えば、資金1万円の場合は、レバレッジを10倍かける事で、取引出来る金額を10万円にすることができます。

得られるリターンも大きいですが、その分リスクも大きくなります。レバレッジ10倍の場合、損失が出た時の金額も10倍になるので、FX初心者がレバレッジを使う場合は、まず低レバレッジから試し、リスク管理に慣れていくことが重要です。

取引を始める前に学んで起きたいこと

取引通貨を選ぶ

FX取引を始める上で、まずは取引したい通貨を選ぶところから始めると良いでしょう。どのFX会社も主要国の通貨を取り扱っていますが、それぞれ特徴があり、国々の社会情勢や経済状況などを理解しておく必要があります。

どの通貨に決めようか迷ってしまいがちですが、やはりFX初心者の方が始める際に最もオススメの通貨と言えば、米ドルとユーロになります。世界的に最も流通されている通貨なので、情報量も多く、初心者でも比較的取引しやすい通貨になります。

また、スワップポイントを狙いたい方にとっては、高金利の豪ドルやニュージーランドドルなどがオススメです。

口座を開設

FXで取引を行うには、FX口座を開設する必要があります。口座は各FX会社のHPで申し込むことができます。

申し込みの流れとしては、大体どのFX会社も同じで、HP上の申し込みフォームに入力し、本人確認の書類を送付すると審査に入ります。審査が無事に通れば、ログインIDなどの書類が郵送で送られてきます。あとは、口座に資金を振り込むだけで、FX取引を開始することができます。

取引の流れ

FX取引の流れとしては、新規注文→ポジション→決済注文の3段階で行われます。新規注文とは、外貨を買う、もしくは売ることです。

ポジションとは、発注した外貨を保有している状態のことを言います、買いポジション、売りポジションと言った言い方をします。保有しているポジションを決済し損益を確定させることを決済注文と言い、このプロセスが終わった時点で、1つの取引は完了します。

FXで勝つために知っておきたいこと。

自分に合った取引スタイルを見つける

これからFXを始める人は、どういったスタイルでFXを行っていくかを決める必要があります。会社員、専業主婦など、本業がありその傍らで副収入を得るためにFXを始める方が比較的多いかと思うので、自分の生活に負担をかけすぎない運用方法を作っていくことが重要です。

FXは大きく分けて、長期投資、中期投資、短期投資と3つの取引スタイルがあり、自分がFXに打ち込める時間や、じっくり長くやりたい性格、短期でてっとり早く決めたい性格など、自己分析を事前にしておくとどういった取引スタイルが自分にとってベストかが見えてくると思います。

各取引スタイルの特徴

長期投資の場合、数ヶ月から数年と長いスパンでの運用になるので、スワップポイントを狙いたい方には向いている取引スタイルとなります。よって、長期的な経済の動きや相場の動きを長い目で見ていく必要があります。

会社員や専業主婦など、1日の大部分を別のことにう割かれている人にとっては、分単位の相場の動きなどを随時チェックすることは難しいので、長期投資がおすすめです。

長期的な取引になるので、ある程度まとまった資金を低レバレッジで細く長く運用することがコツです。すぐに儲けを出そうと思わず、じっくりコツコツと根気強くやれる人が長期投資向きの性格と言えます。

中期投資の場合、数週間~数ヶ月と言ったスパンで運用される取引スタイルなので、長期投資をするほど大きな資金はないけど、ある程度安定的な運用をしたい方におすすめです。

即決を求められるようなケースはあまりありませんが、数ヶ月単位で相場は変わる傾向にあるので、常日頃ニュースや各国の経済状況などをチェックしておくことは必要です。

長期投資と同様にレバレッジ設定はあまり高くし過ぎず、リスク管理をきちんと行い、継続的にコツコツできる人に向いている取引スタイルと言えます。

短期投資の場合、数秒から長くても1日で取引が決まることが多く、少額の取引でも大きな収益にむず日ついたりする可能性を秘めた取引スタイルです。

経験の少ないFX初心者にとっては、かなり難易度の高い運用方法になりますが、将来的にFX専門で食べていきたい人にとっては、経験しておくべき取引スタイルの1つでもあります。

PCやスマホを常に見られる環境にあり、数時間のまとまった時間を確保できる方におすすめです。

FXは24時間取引が可能なので、いつでもどこでもPCやスマホに向かい、短期集中できる方におすすめの取引スタイルです。

マイルールを作ることが大事

特に始めたばかりの頃は、少し設けが出始めると目先の利益に目がくらみ、もっと儲かるかもしれないと売りのタイミングを逃したり、保有しているポジションが値下がりしたりしたとき、もう少しまでば持ち直すかもしれない、など根拠のない希望に賭けてしまうことがあります。

こういった感情任せの取引だと、FXではなかなか利益をだすことはできません。

そういった感情に左右されないためにも、自分なりのルールを決めて、そのルールに従って取引を行うと意外と勝率が上がってきます。

例えば、利益が○○%になったら売る、損が○○%になった時点で損切り、など決まり事を作ると、少しずつ利益の出し方が分かってくると思います。

自動売買システムを活用する

別名システムトレードとも呼ばれ、あらかじめ設定した取引ルールをもとに、システムが自動的に売買してくれます。

このメリットは、感情に左右されない取引が出来る他、普段仕事や家事などで相場の動きを追えない人にとっても、システムが自動的に取引の売買を行ってくれるので、非常に便利です。

感情に左右されやすいFX初心者や、時間のない方には是非活用してもらいたいシステムです。

FX会社を選ぶ前に知っておきたいこと

スプレッドやスワップなど、選ぶ基準は様々

FX会社を選ぶ基準は三者三様ですが、なるべく低コストで運用できることが望ましいです。人気の米ドルのスプレッドはどのFX会社も力を入れているので差はほとんどありませんが、他の外貨も扱うのであれば米ドルを合わせて低スプレッドの会社を選ぶと良いです。

※スプレッドとは、FX会社の利益となる手数料のようなもので、スプレッドの幅が狭い(低い)ほどユーザーにとってはお得になります。

その他、長期投資を行う人ならスワップポイントの高めの会社を選ぶと良いです。

会社の信頼度やその他のオプションを参考にする

最近は、スプレッドやスワップは結構どの会社も均衡している状態なのが現状なので、その他のアドバンテージに着目することも大切です。

例えば、自分の大事なお金を預ける会社として信頼に値する会社かどうかを自己資本比率を基準に選ぶことも重要です。

また、セキュリティー面は万全か、セミナーを開催しているかどうかなどもFX会社を選ぶ上での大事な判断基準になってきます。

それぞれの特性の異なる取引ツール

各FX会社ともに、独自の取引ツールを提供しています。

どれもパソコンやスマホに対応しており、使い勝手も様々です。パソコンのブラウザで操作できるタイプや、インストールして使うタイプがある他、一画面で一括管理できる初心者ツールからプロ仕様の高性能ツールまで、揃っています。

どういったところに充填を置いてツールを用いるかは試してみないと分からない部分が多いかと思うので、まずは気になるFX会社でいくつか口座開設をして、それぞれの取引ツールを試しながら操作性や性能を確認することをおすすめします。

口座開設は無料で行なえますので、各FX会社のHPや比較サイトなどで確認しながらいくつか口座開設してみましょう。
※参考「FX会社!比較&ランキング

FXを始める上で、初心者が忘れてはいけないこと

FXにかかる税金について

FXで利益を出し、そのがくが一定の基準を上回ると納税の義務が発生します。

稼いだ分はしっかり税金を収めないと懲罰などの対象になってしまうので、しっかり確定申告はしましょう。

FXで得た利益は、「雑所得」扱いとなり、会社員など給与所得がある人は、雑所得が20万円を超えると、確定申告で納税義務が発生します。また、給与所得のない専業主婦や退職後の人でも雑所得が38万円を超えると納税義務が発生します。

また、FXにおいて税金の対象となるのは、為替差益とスワップポイントによる利益になります。その他の詳細については、FX会社ごとによって異なりますので各会社HPで確認することをおすすめします。

FXは投資であり、ギャンブルではありません

FXをギャンブル感覚で始める人も中にはいるかもしれませんが、FXは綿密な情報収集と、経験によって利益を増やすことができます。逆に言うと、まぐれで稼げるほど甘い世界ではありません。

各FX会社が配信している講座動画やセミナーイベント、FXのプロが書いているブログなどをチェックするなどして、成功している人の経験に耳を傾け、どういうロジックで儲けているかを理解することが勝ちへの近道になります。

FX会社ごとにテイストの違ったコンテンツを提供しており、有益な情報やツールなどは口座開設しないと利用できないことが多いので、まずは口座開設し、情報収集やツールを試すことから始めてみるのが良いでしょう。

目標設定とリスク管理を習慣つける

副収入として月に数万円稼ぎたい、老後の資産運用としてFXを活用したい、FX一本で月に数百万円稼ぎたいなど人によって目的は様々ですが、これからFXを始める人は、まず基礎を把握し、トライ&エラーを繰り返しながら経験値を積んでいくことで、徐々に勝率を高めることができます。

また、リスク管理と目標設定を習慣づけることが大きな損失の抑止に繋がり、結果として安定した利益を出し続けることができます。

FXをやっていくことで、世界の経済状況に敏感になれる他、社会情勢などにも関心が高くなってくるもので、こうした知識は副産物として、FX以外にも役に立てることが出来たりもします。

是非、これらの事項を参考にしながらFXライフを楽しんでください。

この記事のご意見はこちらからどうぞ