FX戦闘準備編(トレード準備)

FX初心者!自衛隊流の相場における環境認識手法!

FX初心者あるあるですが、「さあ稼ぐぞ!」とリアルトレードを始めてみたものの、
思うように勝てず、なぜかポジションが逆方向に行ったり
正直なところ何をしていいか分からなくなったり
そもそも裁量自体が苦手などの、
悩みを抱えてる方は意外に少なくありません。

そういう筆者も、初心者の時はどうしてよいのかわかりませんでした。
それは根底に、「全然勝てない、稼げない」という問題点にぶち当たっていたからです。

ではFXで勝つためには、どうしたら良いのでしょうか?

簡単に考えると、上昇している時に買いを、
下落している時に売りを、

もしくは、上昇する直前で買い
下落する直前で売りをエントリーして、利益が出たところで決済するだけという

単純明快な事だけなんですね。

しかしながら、そうは言っても「勝てない」の悩みが尽きません。

その一つの原因として、相場の状況、つまり・・
1日の流れとして、日足のチャートを確認して

上昇なのか、下落なのかという環境を認識してから
トレードをすることが少し足りないのも原因かもしれません。

スキャルピングをメインでトレードする人にはそこまで意識しなくて大丈夫と言われればそれまでなのですが、

少なくとも初心者の方が少しでも稼ぎたいと思うなら、日足~1時間足の間でトレードをしたほうがおすすめですし、
日足~1時間足でトレードをするのなら、日足で環境認識をしたほうが勝率もグーンと上がります。

FX初心者のための環境認識手順その①「日足の確認」

相場というのを大別しますと、
勢い」と「方向」に分析できます。

なので結論から言いますと、日足は、「勢い」と「方向」を
確認するのに一番適切に判断ができます。

そもそもですが、FXにおいて勝てる相場、稼げる相場というのは
下記の図の通り、エントリーしたところと決済したところに
値幅があればあるほど稼げるという事になります。

このように為替の差益をとるには何が必要かといいますと、
何度も繰り返しますが
勢い」と「方向」になります。

当たり前の話ですが、そもそも勢いがない相場ですと、
小さな値動きに終始しますので、利益が取りにくいのです。
つまり、勢いがない相場で頑張っても勝てないのが現実です。

また、勢いがあっても、方向性がわかりにくい相場ですと、
買いと売りの判断がつきにくく、狙って利益を取ることが困難になります。
なので、方向についてもわかりやすい所を狙うという事が基本になります。

つまり、FXで勝つために必要不可欠なことは、
勢いがある相場方向性がはっきりしている相場
この2点が大前提となってきます。

では、どうやって判断するのか?
日足」を使ってこのような状況を判断する必要があります。

それには以下のような根拠があります。
① トレンド相場は上位足のトレンドに収束するという性質があります。
② 銀行ディーラー、ヘッジファンドは日足で戦略を立ててきます。

上記2点から、日足により、トレンドの本流を判断します。

さらに、相場の「勢い」と「方向」を知ることは
下記のような事を具体的に判断できます。
・目先の細かい動きに振り回されません。
・ポジションを持った瞬間でも逆に行かなくなります。
・利益をしっかりと伸ばすことができます。

具体的に判断することにより、
格段に勝ちやすくなることを意味します。

FX初心者のための環境認識手順その②「具体的手法」

それではどのように判断したら良いのか?
まずは移動平均線(EMA:指数平滑移動平均線)を使います。

設定は下記の通りです。
25EMA・・・・短期
50EMA・・・・中期
100EMA・・・長期

主にグランビルの法則と併用していきますが、判断基準としては下記の通りです

まずは、100EMAの向きで、ざっくりと上昇か下落かを判断します。
上向きならば上昇トレンドであろうかと考察
下向きならば下落トレンドであろうかと考察

次に50EMAで上昇トレンドか下落トレンドを判断します。
右肩上がりでろうそく足の下に位置すれば上昇トレンド
右肩下がりでろうそく足の上に位置すれば下落トレンド

最後に25EMAで買い又は売りを判断します。
右肩上がりであれば買い判断
右肩下がりであれば売り判断
25EMAが横ばいもしくは、向きがわからない時はトレードしない。

移動平均線と併せて確認する「コツ」

上記、環境認識の手順その①とその②で十分に判断できますが、
判断する根拠を更に深めるために、以下の手順で確認します。

前日のローソク足を確認

① 大陽線、大陰線はトレンドが継続しやすい兆候
② 長いヒゲが出始めたらトレンド転換の兆候
③ 移動平均を突き抜けていたら(ブレイク)勢いがついている根拠

上記の前日のローソク足を確認しつつ、
移動平均線と合わせて環境認識を行います。

ここで重要なのが、前日のチャートも含めて環境認識して判断することは
とても大切なこととなります。
また、ベテラントレーダーや稼いでいるトレーダーも必ず実施していることなので、
逆に言えば、前日のチャートを確認していないと稼げない!
ということと等しいです。

要は考える習慣をしっかり身につけるということが大切になってきます。

価格の抵抗帯を確認する

移動平均線でトレンドを確認することが基本なのですが、
イレギュラーで、価格の抵抗帯がある時があります。

価格が横ばいになっている場所に対して、水平線を引くと
価格の抵抗帯がよくわかります。
価格の抵抗帯があるとローソク足はそこで止められやすくなります。

ここで判断するのは、この価格の抵抗帯で止められる可能性があるということと、
抜けると勢いがつく!という認識を持ってください。

なので、価格の抵抗帯を抜けてからトレードをするのが鉄則となります。
これも、トレードの判断に加えることが重要です。

FX初心者のための環境認識手順その③「実践手順」

日足のチャート確認は、毎日自分の目でみて判断することが重要です。
毎日の習慣として行動することにより、潜在意識に刷り込まれて、

トレードの際に自然と正しい判断ができるようになってきます。
そうなると、勝つ確率も上がってより稼ぐことができます。

手順は以下のとおりです。

① 朝9時(東京タイム)、夕方16時(欧州タイム)、夜22時(NYタイム)の一日三回だけ確認する。(最低朝だけでも確認)
② 移動平均線の確認
③ 前日の日足を確認
④ 価格の抵抗帯を確認
⑤ 感じたこと予想したことをメモ

初心者のための環境認識ということで、
おすすめ通貨ペアは7通貨がおすすめです。
ドル円
ユーロ円  ユーロドル
ポンド円  ポンドドル
豪ドル円  豪ドルドル

補足しますと、メジャー通貨のほうが予測しやすく負けにくい
という傾向があります。
なので、初心者の方、まだ、稼げていない方は
マイナー通貨でやることはオススメしません。

環境認識をしたあとで、トレードを狙える
通過ペアをピックアップすることが大事です。

自衛隊流環境認識手順「チェックリスト」の活用

今まで述べてきた事を、毎日欠かさず実施することは意外に難しいです。
まず最初に、「やることなんだっけな~」
なんて考えちゃいます。

そう考えると次の行動がなかなかできません。
自衛隊では、誰しもがすぐに行動できるようによくチェックリストを活用しています。

そこで、環境認識のチェックリストを作成(サンプル)してみましたので確認してください。

項 目 内容(通貨ペア:      ) 上昇(レ点) 下落(レ点)
移動平均線  100EMAの向きは?
50EMAの向きは上昇で、ローソク足は線の下に位置しているか?
50EMAの向きは下落で、ローソク足は線の上に位置しているか?
25EMAは50EMAと同じ向きか?
前日ローソク足の確認 ローソク足は大陽線?それとも大陰線?(トレンド継続)
長いヒゲがあるか?(トレンド変換)
移動平均線(20EMA)を突き抜けているか?(勢いの増加)
抵抗線 抵抗となるポイントはあるか?
結 論
感じたことメモ

上記のチェックリストは僕が見やすいように作成しています。
自分なりに使用しやすいようアレンジしてもらっても構いません。
また、頭の中でできるのならささっとやってもらっても構いません。

ちなみに、上記のチェックリストの結論は、すべてが上昇または下落の欄にチェックがついた通貨ペアのみトレードするようにしています。
その内容は、
ブレイクアウト押し目・戻り積極的に狙いに行きます。

このように環境認識で分析した通貨ペアを1つ、2つに絞りトレードをします。
その日の良い通貨ペアだけを狙いに行くことにより、負ける確率もかなり減ります。

まとめ

いかがですか?
FXというのは知識やノウハウを実践していくとかなりの実力がついていきます。
負ける人はそういう努力をしないのが大きな原因です。

大変だと思う方はぜひ上記のようなチェックリストを活用してください。
それを毎日続けてファイリングすることにより、
目に見えた努力ということを自分自身で確認できますし、

また、自身にも繋がります。

再確認をしますが、この日足はスキャルピングでバリバリ稼いでいる人を対象としているわけではなく、
あくまでも、初心者の方もしくは稼いでいない方を対象としています。

短期足だけ見て稼いでいる人は、かなりの経験を積んでいる人です。
そういう人たちから言わせれば、「日足を見なくても大丈夫」、「日足って稼げないでしょ?」
なんていう方もいますが、

大事なのは、基礎固めのノウハウなので、そういう事を理解した上で活用をしてください。

この記事のご意見はこちらからどうぞ